2013年09月15日

Joni Mitchell “Why Do Fools Fall In Love?” “Shadows & Light”(1980)より

夏も終わろうとしている今、爽やかな夏の夜のひとときをイメージさせてくれる一曲を選んでみました。

ジョニ・ミッチェルの1979年のコンサートのライブ音源。パット・メセニーにジャコ・パストリアスといったジャズ・フュージョン畑の一流どころをバックに従えたコンサートで、聴衆も大人。ぱーっと盛り上げていきましょ、というより、独自の道をゆく才女とその仲間達が音楽を作ってゆくのを見守る感じで進行してきた中、ブレイクとして使われたのがこの一曲です。

オリジナルはいわゆるオールディーズの名曲で、ボーイハイテナーヴォイスの甘酸っぱさと、ちょっとのんびりしたドゥワップコーラスがシンクロしてちょっとないわくわく感に満ちています。映画『アメリカン・グラフティ』の冒頭でも使われていました。ジョニにとっても、聴衆にとってもティーンの頃を思い出す懐かしのメロディといったところ。

「ロックンロール!でもやりましょうか?」という“らしくない”MCの後、アカペラグループ、パースウェージョンズを率いて歌うジョニの楽しげな様子が好ましい。オリジナルに引きずられずいつもの彼女らしいマナーで歌っていて、しっかりジョニ・ミッチェルの曲にしてしまいました。また彼女の透明感があって少し乾いた声は、曲に別の表情を与えています。 

そしてこのテイクをさらに魅力的にしているのは、夜の野外コンサートという設定。開放的な空間で、ちょっと意外な選曲にびっくりさせられながらも懐かしの一曲を楽しむ聴衆と、ステージの上のジョニ達との何とも言えないインティメイトな雰囲気が、この曲を特別なものにしています。本業だけでなくPFunk軍団への客演でも知られるマイケル・ブレッカーの、弾けるサックスソロもいい感じ。

聴いてみたい方はこちらでどうぞ。




GOYAAKOD

人気ブログランキングへ
↑ポチッと、Merci!!


posted by cyberbloom at 17:54| Comment(0) | AMERICAN ROCK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月11日

MAGMA

リーダーのクリスチャン・ヴァンデ Christian Vander がマグマを結成したのは、ジョン・コルトレーンが亡くなった2年後の1969年だった。コルトレーンの死はクリスチャンによると人生の中で最も大きなショックだったようだ。

コルトレーンのあとでジャズは不可能と考え、クリスチャンは独自の音楽を創出することを決意する。もっともクリスチャンのドラムはコルトレーンのドラマーだったエルヴィン・ジョーンズの強い影響下にあり続けるわけだが。音楽全体の影響に関しては、ストラヴィンスキー、ソウル、現代音楽、フリージャズ、オペラ。ロックの分野では、ソフト・マシーン、フランク・ザッパ、ヘンリー・カウなどが挙げられる。個人的な感想を加えると、プッチーニの「トゥーラン・ドット」を聴いているとときどきマグマに聞こえることがある。ジャズとロックとコーラスを融合させたマグマの音楽はズール zeuhl と呼ばれ、ひとつのスタイルを確立しているほどオリジナルなものだ。



私がマグマにハマっていた時期はマグマの活動休止(1983年)の直前だったが、当時は来日公演どころか、ライブ映像を見ることさえかなわぬ夢だった。今や初期のレア映像が youtube にもたくさんアップされている。今見ると怪しげな新興宗教の集会にしか見えないが、不思議な響きを放つマグマの歌は(ドイツ語かスラブ系言語のように聞こえる)、彼らが考案した想像上の言語、コバイア語によって歌われている。彼らはコバイア星からやってきたコバイア星人で、コバイア語によってコバイア神話を歌い継ぐ。これも70年代のサイケカルチャーの産物と言えるが、ヒッピーのような奔放さやトリップ感はなく、あのロゴとともにむしろ強迫的でファッショな印象を受ける。一方でここまでの奇妙奇天烈さや変態ぶりを徹底できるのはフランスならではと言えるだろう。マグマは初期3部作が傑作として知られているが、個人的によく聴いたのは『トリスタンとイゾルデ』(マグマではなくヴァンデ名義によるサントラ)。ドラム、ベース、ピアノ、ボーカルというマグマのミニマム構成だが、徐々に高まっていくテンションに引き込まれていく。

□動画は Paris 1977 - De Futura, ツインドラム編成
Magma Discorama, French TV, June 29th 1970(これも黎明期の貴重映像)
□トップのアルバムは "Atthak" で、ファンク色が強い。ジャケットのデザインは H.R.ギーガーによる。

マグマは1996年に活動を再開したが、近年はいっそう精力的だ(この記事を書いたのは2010年です)。去年は約5年ぶりとなるスタジオ・アルバム『エメンテト・レ(DVD付)』を発表し、去年の5月には来日公演を果たしている。そして今年のフジロックだ。1998年の初来日のときには「マグマを見に行きました」という学生がいて驚いたが、今も若い世代によってプログレの定番として昔の作品も聴き継がれているのだろう。

ところで、日本のマグマと言えば、ドラマーの吉田達也の Ruins だろうか。ベース&ドラムによる二人マグマ。吉田は Fool’s Mate の編集長だった北村昌士の YBO2 のメンバーとしても知られているが、この2つのバンドは平行してよく聴いた。Ruins の音はハイテンションで荒々しい演奏が特徴的。マグマとは全く別のオリジナリティーを持つが、吉田のオペラチックなヴォ−カルがマグマを連想させる。吉田にはもうひとつズール系のプロジェクト、高円寺百景がある。youtube に Rock In Oppositon (この企画まだやってんだ)に出演したときのライブの模様(於フランス)がアップされている。


cyberbloom(初出2010年6月10日)

人気ブログランキングへ
↑ポチッと、Merci!!
posted by cyberbloom at 13:55| Comment(0) | FRENCH ROCK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。