2012年05月04日

"Broken" Tift Merritt ―“Another Country”(2008)

すっかりすりきれてしまった。どこか遠くへいって静かに過ごしたい・・・。

そんな無理な願いにふっと捕われたことはありませんか?そうは言ってもね、と肩そびやかして吹き消す願いを実現してしまったのが、今回ご紹介する Tift Merritt 嬢。

発表したアルバムがグラミー賞にノミネートされるなど一躍脚光を浴び、売り出し中の期待のアーティストとして、プロモーションやらライブにアメリカ国内はもちろん国外へも、旅から旅へ渡り歩く日々。一緒に移動するスーツケース同様くたびれ果てて、わけがわからなくなって、彼女は決断します。いろんなことを放り出して、とにかくパリに行こう。しばらく戻らないつもりで。

フランス語に不自由しない身では全くなく、むこうに助けてくれる友達がたくさんいるわけでもない。辞書とギターを抱え、部屋を貸してくれる見知らぬパリジェンヌのアパートにとりあえず転がり込んだ彼女を待っていたのは、思いがけない自由な暮らしでした。
 
苦情が来るくらいピアノを弾いて、あきれるほど物を書いて。観光客が息をひそめそぞろ歩く教会で、ホームレスの人々と一緒に腰をかけ、ステンドグラスから溢れる光と静寂を楽しむ。フランス語の Swear words を覚え、辞書を片手にぽつぽつと会話をつなぎ、ご近所さんに挨拶する。何気ないことの積み重ねが、ぺちゃんこだった彼女を充たしていきます。

フランスでの暮らしは、歌の種も育んでいました。帰国後新しいレーベルから発表したのが ”Another Country”。フランス語の自作曲を含む収録曲はどれも肩の力が抜けています。基本の音はアメリカならではのロックで、彼女らしさはちっとも変わらないのですが、アルバムジャケットの写真がそうなように、なんとものびやかで、アメリカを感じません。フォアグラの看板や小さなワインの店のある界隈で彼女が満喫した自由をお裾分けした気分になります。

とりわけきもちよく鳴る一曲を選びました。たたずまいがあるのにどこかはにかんだような表情も見せるTift Merrittの声に、こちらもほほえんでしまいます。

こちらで聴くことができます。

http://youtu.be/jE5S7dVpXC8


GOYAAKOD

人気ブログランキングへ
↑クリックお願いします
posted by cyberbloom at 09:38| Comment(0) | OTHERS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月21日

Peter Wolf "Midnight Souvenirs"

告白します。ロックは所詮若いもんが作る音楽と思ってました。ローリング・ストーンズという絶対の例外は別として、いい年になったロックの人の作るものは、Good Musicであってもロックじゃないよなと。

そんな私をとっても恥ずかしい気分にさせてくれたのが、ピーター・ウルフのアルバム。今はなきJガイルズ バンド(Centerfold!)のフロントマン、フェイ・ダナウェイの元旦那という、絵に書いたようなロックスター。まだレザーパンツが似合う姿ながら 65に手が届かんとする彼が、久しぶりに放ったこの一枚は、いやーカッコよいです。ほどよい抜け感があって、これでもかというくらいロックのツボをスパーンと押してきます(こんな絶妙なタイミングで放たれた”C’mon!”を聞くのは久しぶり)。しかしベテランの味、年寄りの役得とレッテルを貼るのは大間 違い。いい日も悪い日もあったけど自分の本当に好きな音を大事にしてきた人が、ふっと肩の力を抜いて気の向くままにやってみたら凄いことになりましたよ、 という感じです。豊穣とかコクという大げさな言葉より、軽やかさとひとつまみのストイシズム、が相応しい。

説教なし、自讃なしの気負わない歌詞 も、素直に耳に届きます。カントリー界の大兄イ、マール・ハガードと低音で囁くラストナンバー、Is it too late to love? なんて、人生の穴ぼこを覗いているようです。(日本ではこういうことは望めないもんかね、と嘆いていたらこの曲を耳にしました。http://youtu.be/5vEwXCwvA0Y 作者は若者みたいですけれど、Julie with The Wild Ones がプレイすることで、同年代の千々に乱れる心もようの歌になっていて、身もふたもなくて、すごくおもしろい。)

Midnight Souvenirs
Midnight Souvenirs
posted with amazlet at 12.01.21
Peter Wolf
Verve (2010-04-06)
売り上げランキング: 107902



GOYAAKOD

人気ブログランキングへ
↑クリックお願いします
posted by cyberbloom at 00:00| Comment(0) | OTHERS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月08日

Dusty Springfield "Just a Little Lovin'"

Dusty in Memphis寒い日が続くこの頃、聞きたくなるのがこの1曲。何かに例えるとすれば、寒い朝に頂く、いつもの一杯のコーヒーでしょうか。カップを両手で覆って、立ち上る香りと湯気に鼻をつっこみ、一口すする瞬間の、あの何とも言えない気持を形にしたのがこの曲だと思うのです。
 
実は歌詞の中にも「モーニングコーヒー」が登場します。早朝、世界が目覚める時に、コーヒーをかき混ぜながら思うこと。ほんの少しの愛があれば、この世の中は思っているほどひどいところでも悲しい場所でもなくなるのに・・そんな歌です。
 
朝のコーヒーというのは、まさにその”just a little loving’”だと思うのです。眠気を振り払いしゃきっとする Eye Opener として飲むものでもありますが、最初の一口をすする時、不思議と静かな気持になれます。今日片付けなければならないあれこれやら雑念とはちょっとの間脇に置いておいて、「空」な状態になる。そして、何気なく願う。「今日もみんな何事もなく過ごせますように。」朝の儀式のように朝のコーヒーを続けてきたのは、そんな祈りの瞬間を持ちたいと本能的に思うからかもしれません。
 
“loving”などと言われるとちょっと大げさで身構えてしまいますが、そんなほんの少しの「祈り」のキモチがを朝の一杯を楽しむ時にあれば、確かに世の中はもうちょっとばかり良い場所になるのではないでしょうか。ダスティの歌声はまさに、美味しいコーヒーだけが持つ豊かな味。朝の冷たい空気や目覚めゆく街の喧噪が聞こえてきそうなアレンジも、素晴らしい。


聞いてみたい人はこちらでどうぞ。
http://youtu.be/-z28gt8wBNo



GOYAAKOD

人気ブログランキングへ
↑クリックお願いします
posted by cyberbloom at 12:52| Comment(0) | OTHERS | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。