2013年09月15日

Joni Mitchell “Why Do Fools Fall In Love?” “Shadows & Light”(1980)より

夏も終わろうとしている今、爽やかな夏の夜のひとときをイメージさせてくれる一曲を選んでみました。

ジョニ・ミッチェルの1979年のコンサートのライブ音源。パット・メセニーにジャコ・パストリアスといったジャズ・フュージョン畑の一流どころをバックに従えたコンサートで、聴衆も大人。ぱーっと盛り上げていきましょ、というより、独自の道をゆく才女とその仲間達が音楽を作ってゆくのを見守る感じで進行してきた中、ブレイクとして使われたのがこの一曲です。

オリジナルはいわゆるオールディーズの名曲で、ボーイハイテナーヴォイスの甘酸っぱさと、ちょっとのんびりしたドゥワップコーラスがシンクロしてちょっとないわくわく感に満ちています。映画『アメリカン・グラフティ』の冒頭でも使われていました。ジョニにとっても、聴衆にとってもティーンの頃を思い出す懐かしのメロディといったところ。

「ロックンロール!でもやりましょうか?」という“らしくない”MCの後、アカペラグループ、パースウェージョンズを率いて歌うジョニの楽しげな様子が好ましい。オリジナルに引きずられずいつもの彼女らしいマナーで歌っていて、しっかりジョニ・ミッチェルの曲にしてしまいました。また彼女の透明感があって少し乾いた声は、曲に別の表情を与えています。 

そしてこのテイクをさらに魅力的にしているのは、夜の野外コンサートという設定。開放的な空間で、ちょっと意外な選曲にびっくりさせられながらも懐かしの一曲を楽しむ聴衆と、ステージの上のジョニ達との何とも言えないインティメイトな雰囲気が、この曲を特別なものにしています。本業だけでなくPFunk軍団への客演でも知られるマイケル・ブレッカーの、弾けるサックスソロもいい感じ。

聴いてみたい方はこちらでどうぞ。




GOYAAKOD

人気ブログランキングへ
↑ポチッと、Merci!!
posted by cyberbloom at 17:54| Comment(0) | AMERICAN ROCK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月26日

'Wall Street Part of Town' Ry Cooder

ライ・クーダーがニューヨークのズコッティ公園で頑張っていた Occupy Wall Street の面々に賛同して作った曲。明るくて、これ以上ないぐらい明快で老いも若きも口ずさめる、理想的なプロテストソングです。



ここで歌われているのは、99%派の怒りの表明ではなく連帯感。「またトラブルに見舞われたけど、今度は一人じゃない。仲間がいるんだ。」

Occupy Wall Street について書かれたものを追っかけてきましたが、あの公園に集まった人をまとめていたのは、この共感、つながりではないかと感じています。一緒にがんばろう、と遠くから呼びかけるのではなくて、私も実はしんどいんだよ、と握手する気持。これからはこの気持が大事なのではないかと、個人的に思うのです。

デビューしたころから、Hard Timesを生きたアメリカの人々に親しまれたシンプルな歌を取り上げてきたライ・クーダー。そんな彼だからこそ作れた一曲。日本語でこんな曲が生まれるといいのですが。


GOYAAKOD

人気ブログランキングへ
↑クリックお願いします
posted by cyberbloom at 23:01| Comment(0) | AMERICAN ROCK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月22日

'I See a Darkness' Bonnie "Prince" Billy

“I See a Darkness” Bonnie “Prince” Billyたまに、ふっと、ほの暗い音楽を聴きたくなることがある。滅入っているから、といったそれらしい理由は何もない。のどが乾いたから水分補給するように、ただ体がそういった音を欲している。

そんな時に手がのびるのがこの曲。静かで、内なる闇と死についての歌なのだけれど、自分の奥底を凝視するようなはげしさはなく、少ない音数の間はふしぎな浮遊感と高揚に満ちている。静かで、うすら暖かい暗さの中に沈み込んでいくような、何とも言えない心持ちになる。

子供のころ読んだ絵本に出てきた、泥につかるのが大好きな子豚のことを思い出す。お気に入りのやわらかい泥の中に、ずずーっと静かに沈んでゆく豚の恍惚の表情は、この世にはコトバでは言い尽くせない(アブナい?)心地よさというものがあることを教えてくれた。この曲にすっぽり包まれるとき、あの豚の気持がなんとなくわかるような気がする。そういった意味でも、真にパーソナルな音楽だと思う。秋の夜長に、素に戻れる空間で聴きたい。

ジョニー・キャッシュがカバーしたバージョンも有名だけれど、言霊の人キャッシュの説得力のある歌ではなく、オリジナルを取りたい。

http://youtu.be/LAriDxTeed8


GOYAAKOD

人気ブログランキングへ
↑クリックお願いします

FBN25.png
posted by cyberbloom at 07:56| Comment(0) | AMERICAN ROCK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年01月19日

'Make No Mistake' Keith Richards from "Talk Is Cheap" (1988)

寒くなってくると聴きたくなるのが Hi Sound。70年代のアメリカ南部が誇るソウル・ミュージックの名門レーベル、Hi Recordの創り出したスタイルです。アッパーとは無縁の、ゆったりもっちゃりとしたグルーヴ。ソフトなストリングスと優しい女性コーラス。適度にくたびれてしっくり肌になじんだ部屋着のように包み込み、ダメダメな自分でさえも忘れさせてくれます。単に「心地よい」ではなく、ぴりっとアクセントを添えるホーンセクションに、ひとつまみのブルージーさも加えられているのがまた妙味。どうだカッコいいだろうと鼻うごめかせたくなるタイプの音楽では決してありません。時々ひっぱりだしては「はああ」といい気分にさせてくれる、そんな音楽です。

あのキース・リチャーズがこの音楽のファンらしい…と知ったのは、初のソロアルバムに収録されたこの曲を聴いたから。いやんなっちゃうくらい、まんま、Hi sound です。Hi Record の総帥ウィリー・ミッチェル率いるメンフィス・ホーンズを呼んできてホーンアレンジもお願いしているのだから、ホンモノ間違いないのですが、オルガンの入り方とか、メロディラインとか、知ってる人は「お好きですなー」と肩のひとつもたたきたくなるぐらいの徹底ぶりなんです。

しかし、キースはミックではないのであって、お世辞にも上手な唄うたいとはいえない。枯れた声質からしてこのタイプの音楽を歌うのは無謀と思ったものですが、意外とキマっています。過剰に甘くならず、緊張感の糸が一本通って、かえって音的にもおもしろくなりました。恥ずかしそうに、でもうれしそうにマイクの前に立つあのキースの顔が容易に想像できちゃうのも楽しい(一度やってみたかったんでしょうね…夢が叶った!というひとときだったかも)。武骨な声に優しく寄り添うサラ・ダッシュのふくよかな声もいい感じ。

聴いてみたい方はこちらでどうぞ。

https://youtu.be/Tuo_KqpZEwc


GOYAAKOD

人気ブログランキングへ
↑クリックお願いします

FBN25.png
posted by cyberbloom at 21:22| Comment(0) | AMERICAN ROCK | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。